バッテリー上がり対策、の話

はじめに

車・オートバイを所有しているとバッテリー上がりというトラブルに見舞われた経験のある人は少なくないのではないでしょうか。現代は自動車保険やJAFに加入していることで大した費用を負担しなくても解決できる環境は整っています。また、車好きな人ならブースターケーブルを携行している方もいるかと思いますが、いまどきは見知らぬ人にバッテリーを繋げさせて頂くお願いをするのも難しかったりしますよね(汗)。いずれにしても、ひとたびバッテリーが上がってしまうと時間の損失はおおきくなってしまう場合が多いので、私のバッテリー上がり対策を紹介します。

ジャンプスターター

バッテリー上がり対策といっても、根本的な『バッテリーメンテをマメに行う』というのは難しいので、上がってしまった時どうするのか、という観点で紹介させて頂きます。私が車やバイクに携行しているのはコンパクトなジャンプスターターです。

メーカーの販売文句としては以下の通りとなっています。

・フル充電で車を30回スタート可(12V車)

・フル充電後のスタンバイ期間6ケ月

・USB出力2口

・QC3.0ワイヤレス充電1口

・4段階の高輝度フラッシュライト

・応急用ガラスクラッシャー

・シガーソケットタイプのアダプタ付き

すべての検証は出来ていませんが、以下が私が所持して経験した実績と感想となります

  • スタンバイ期間はかなり長い(数ケ月は余裕)。
  • 車(4000cc)バイク(1200cc)共にバッテリー上がりからの始動は問題なし。
  • 5人家族で1泊2日のキャンプ電源としては余裕の容量(家庭用プラグは利用不可、USBのみ)。

JAFや任意保険に付帯しているロードサービスを長時間待ったり、ブースターケーブルでワチャワチャ繋げるよりもはるかにスマートに解決できます。

商品購入

私の所有する上記の商品は数年前に購入したものなので、現在は既にモデルチェンジしてしまっていて同じものは新品では購入出来ないと思われます。ただ、同メーカーの物、他社の物であれば類似商品・より高性能に進化した商品は多数販売されているので、1個持っていれば非常に安心かと思います。

まとめ

バッテリー上がりは、ジワジワと気配を感じる場合もあれば突然やってくる場合もありますよね。ジワジワと気配を感じつつも、『まだ大丈夫、まだ大丈夫』と思って乗り続けてしまう事はよくあります。いざバッテリーが上がってしまったら大変困るのにバッテリーの劣化を感じてもなかなか交換に踏み切れないのが人の性でしょうか(笑)。そんな人には特におすすめの商品ですので検討してみては如何でしょうか。

楽しい車・バイクライフをお送りください(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました